成長に合わせて選ぼう|新しい子供シューズを買うときは足のサイズを測りなおそう

歩きはじめから走るようになるまで子供シューズを変えていこう

成長に合わせて選ぼう

靴

つかまって歩く時期

ハイハイからつかまり立ちをする時期になると、気がついたら歩くようになっていたという事もあるほど子供の成長は「あっという間」です。そのため、ちょっと歩くかな?という時期の子供にピッタリな子供シューズを選んであげましょう。この時期の靴としては、つまずき防止に特化しているタイプを選ぶようにしましょう。たどたどしい歩き方のため、つまずき防止がついている靴は重宝します。その他にも、柔らかい素材で作られている靴も最適と言われています。

ちょっと歩く距離が長くなる時期

歩きだす時期は、子供によって違うため一概には言えませんが1歳を過ぎ2歳になる頃には、ある程度歩き始める子供が増えていきます。この時期に最適な靴は、歩く距離も長くなり体力もついてくるため通気性が良く、吸湿性の高いタイプが良いと言われています。デザイン的には、足にしっかりとフィットし動いても脱げにくい物がいいでしょう。

走る時期

走り出すようになったら、靴の軽さや、柔軟性なども確認しておきましょう。歩くときに、指の付け根部分が曲がるか、指を動かすことができるかなども重要なポイントです。この時期の子供シューズは、自分で脱いだり履いたりできるようにマジックテープ式の靴やチャック式の靴が増えてきます。キャラクター物の靴も増えてくるため子供の「自分でやりたい」という意識を高めてくれる効果もあります。

跳んだりはねたりする時期

跳んだりはねたりするようになったら、基本的な動作がほぼできるようになっています。そのため、靴を履いたときに靴ずれしてしまったり、足に負担がかかりやすくなったりします。そのため、かかとの部分がしっかりとしているか、激しい動きにも対応できる靴底かなどを確認しながら選んでおきましょう。クッション性の高い靴底は、足に負担がかかりにくいと言われています。

広告募集中